2018年2月28日水曜日

2018年イタリア、ベローナより(その2)

EU各国で行われるこの様なショーですが、出展品は室内に設置するストーブだけではありません。

木質ボイラーメーカーも多数出展しています。
これで各部屋へのきめ細かな暖房が可能で、もちろん大規模施設の暖房も可能です。


また、日本でも人気の薪ストーブメーカーも多数出展。




ヨーロッパでは、ごく普通に木質燃料のキッチンストーブが販売されています。(写真はガスだと思われる)


その他、様々なタイプの木質燃料系のストーブがあって、ストーブ好きには堪らない空間です。



それに比べ、日本の住宅の暖房の貧弱さは比較にもならないほど・・・・・。

暖房費が○○削減!とか、気密性○○とかそんな事よりも、もっと心豊かな生活がストーブがあればできると思いませんか?


2018年2月27日火曜日

2018年イタリア、ベローナより(その1)

今月イタリア ベローナで開催されたストーブショーのご紹介。

日本のストーブ関係者の中でも話題に上がることが多いこちらのストーブショーですが、さすが!ペレットストーブ王国のイタリアです。

出店メーカー・出店ストーブの規模も、日本国内のこの様な展示会とは比べ物になりません。




おっ、イタリア美人発見!(野坂氏のタイプか?)

屋内で燃焼できるというのも、ストーブの暖かさを知るうえで大事な要素。
日本では中々難しい~。

この辺が木質燃料の文化を捨ててしまった日本との大きな違いです。(涙)


無機質でかっこ良くもなく、温かみもない暖房に、高い燃料代にお金を払っている日本人てホントお馬鹿さん、なんて思ってしまいます~。

2018年2月3日土曜日

オーナー様訪問(大町市編)

オーナー様訪問

昨日は白馬からの帰りに大町市のH様邸へご訪問。

昨年の6月にご自宅が完成し、今シーズンがペレットストーブ初シーズンのお客様になります。

ご使用の機種はリンカル514S。


使用状況としては5時~8時頃まで(タイマー着火)と夕方5時頃~11時頃までご使用とのこと。

1月のペレット使用量は100㎏程度なので1万円ちょっとの金額になります。

ストーブ上でお湯を保温したり、炉内の灰受けでお芋を焼いたりストーブライフを楽しまれているようで大変うれしく思います。

横っちょにお芋を入れるのだそうです。
一応自己責任でTRYお願いします。

奥様が病院にお勤めとの事でしたので念のため「インフルエンザは?」とお聞きした所、「罹ってない」との事でやはりこれも免疫力を上げるストーブ効果!?と思いました。


お隣にご実家があるのですが、木質燃料ストーブは使用していないとの事で、暖かさが全く違う、もう戻れないとのご感想もいただきました。


やはり暖かい家が一番ですね。

ではH様今後もよろしくお願いいたします。

2018年2月1日木曜日

2月です

インフルエンザが流行っているようですが体調はいかがでしょうか?

木質ストーブのある家はインフルエンザ知らずです。


2月のうた

国民も つねにこころを あらはなむ みもすそ川の 清き流に


<心を洗い清める>

日々の忙しさに忘れがちではありますが、毎月このブログを読んで心を洗い清めてください。(笑)