2018年1月29日月曜日

暖かいストーブを選ぼう!

ストーブは同じじゃない!

まだまだ一般的に認知されていないペレットストーブですが、どれも同じではないかと勘違いされている方が多いように見受けられます。

各社各機種でデザインが違うのは当たり前なのですが、多種多様なストーブを扱ってきた当店としては、同出力程度のストーブでも『暖かいストーブ』と『(あまり)暖かくないストーブ』があるのが分かります。

(あまり)暖かくないストーブしか知らない方はそれが標準の暖かさと思われるでしょうが、暖かいストーブを知っている当方としては暖かいストーブを使ってほしいなと思う訳です。

何故なら、暖かくないストーブ=燃費の悪いストーブ=ランニングコストが嵩むという結果になります。


当店で販売をしているストーブを使用した場合だと、

①ご夫婦共働き(昼間家にいない)でペレットストーブをメイン暖房とした場合は平均5~8万円/シーズンのペレット代を使用しています。
これである程度家全体が暖かくなります。

②ご夫婦共働き(昼間家にいない)でペレットストーブをサブ暖房とした場合は平均2~4万円/シーズンのペレット代を使用しています。

③当店のお勧めするペレットストーブによる全館暖房の場合は平均8~14万円/シーズンのpレット代を使用しています。
(バラツキが大きいのは家の広さや暖める部屋の多さによるため)


局所暖房になれた方だと高いな~と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、全館暖房方式を採用しなくてもペレットストーブ1台である程度家全体が暖まるので、各部屋に石油ファンヒーターを置く場合とそれほど金額の差は出てこないのに暖かさは段違い。


暖かくないストーブの場合は上記の参考金額よりも嵩んでしまうのは当然です。

よく吟味をしないで買ってしまったら後の祭り、ストーブ選びはしっかりとしたいものですね。

「どのストーブが暖かいのか?」それはお店に来てからのお楽しみです。
ご来店お待ちしております。(笑)