2017年1月28日土曜日

お客様訪問①

先日既存のお客様を訪問しました。

上田市で新築をされた際ペレットストーブを導入いただいたK様ですが、今シーズンで2シーズン目になります。

ご使用の機種はモレッティのミニ。お使いのペレットが燃えすぎるとの事で、調整にお伺いしました。


大きな吹き抜けのあるLDKに設置しているのですが、2階は勿論のこと1階も問題なく暖かいとのこと。(2階は暑すぎるらしいです)

やはり吹き抜けと階段室が別個にあると空気の循環が出来て暖かい家を作ることが出来ますね。

ランニングコストに関してはこの時期で1日10㎏程度の使用量とのことなので、1日500円程度になります。(月で2万円行かない位)


数年前に新築されたご親戚のお宅は電気代が月に8万円(オール電化仕様)も掛かるとのことで、暖かさの面でもコスト面でもペレットストーブにしてほんと良かったと仰っておりました。

2017年1月27日金曜日

山武産業様訪問

1月24日は千葉県山武市にある山武産業さんへ訪問です。

目的はイタリアのラベリ社の販売を開始するにあたり、販売契約や機器の確認をするためです。
(山武産業さんはラべりの輸入元です)


始発の特急あずさに乗っても11時半位に最寄の駅に到着。

白江社長のお出迎えで無事会社に到着~。(長かった~)


広大な敷地の中に事務所や倉庫、間伐材あります。(うらやましい!)



ショールームの中に入ると10台以上のペレットストーブがお出迎え。


2月に設置予定のお客様がこちらのラベリRV80を設置されます。


側面タイルはこんなデザインです。

燃焼炉内。


基本的な使用方法等は他のイタリア製品とほぼ一緒ですが、給気センサーが着いているのがラベリの特徴でしょうか。

事務所隣の工場にはペレタイザー(ペレットを作る機械)が置いてありました。

白江社長から一連のご説明の後はペレット談義で盛り上がります。


今日もまたペレットの普及で地域の森を守ろうとする人に出会えました。